Browse Category by 銀行カードローン基礎知識
銀行カードローン基礎知識

銀行系カードローンのメリットって何?消費者金融と比べてデメリットはあるの?

カードと男性

カードローンでも、銀行などの金融機関が取り扱っているカードローンと消費者金融が取り扱っているカードローンの2種類があります。それぞれにはメリットとデメリットがあり、目的に応じて使い分けることで返済額を少なくすることもできるのです。

今回は3つの観点から2つの違いを見てみたいと思います。2つの違いを知り、カードローンを上手に使いこなせるようにしましょう。

ただし以下のことは全体としてどういう傾向にあるかを示したものであり、カードローンによっては当てはまらないことがあることをご理解ください。

金利の比較

カードローンを利用するにあたって特に気になるのは金利ですよね。金利については次のような傾向があります。

銀行系 ⇒ 金利が低い(○)

消費者金融 ⇒ 金利が高い(×)

金利は銀行系の方が有利となります。そのため、他の条件は置いておいて、とにかく金利が低いところで借りたいなら銀行系カードローンから探すのが良いでしょう。

また、返済期間が長くなる人も金利の低い傾向にある銀行系を活用するのが良いと言えます。返済期間が長くなればなるほど多くの金利を支払わなければいけないためで、始めから返済が長期になるとわかっている人はまず銀行系を検討しましょう。それが返済額を少なくするポイントでもあります。

審査基準の比較

続いて審査基準を見てみましょう。どちらの方が借りやすいかは次の通りです。

銀行系 ⇒ 審査が厳しい(×)

消費者金融 ⇒ 審査は通りやすい(○)

銀行系は消費者金融に比べて審査が厳しい傾向にあります。
細かな審査基準は内部の人でないとわかりませんが、審査の厳しさは金利でおおよその目安がつくからです。

延滞など返済のリスクが高い人には、業者は高い金利でお金を貸し出します。つまり金利を高くしているところはそれだけ返済能力が低い人でも借りられる可能性が高いと言え、審査も緩めになっていると言えるでしょう。

しかしその裏返しで、厳しい審査によって返済能力をしっかり見られるからこそ、金利が低いということも言えますので厳しい審査がダメということでは全くありません。

そのため、収入が少ない人や、派遣社員や契約社員などの非正規で働いている人などは、借入希望額によっては銀行系では審査に通らない可能性が高くなります。収入に対して借入希望額が多い人は始めから消費者金融を選んでおいた方が無難とも言えるでしょう。

利用開始までの期間の比較

ではどちらの方が申込み後、早くお金を借りることができるのでしょうか。比較してみましょう。

銀行系 ⇒ 時間のかかるところが多い(×)

消費者金融 ⇒ 短時間で済むところが多い(○)

銀行系は比較的、消費者金融に比べて特に審査に時間のかかるところが多いです。
しかし最近は銀行系でもインターネットでの手続きだけで完了するところや、即日融資が可能と宣伝している銀行系カードローンもあります。

申込みから利用開始までの期間については銀行系と消費者金融で差がなくなりつつあるので、よほど早く借りたい場合でない限り、あまり気にしなくても良いでしょう。

それでも、確実に早く借りたい人は消費者金融を選ぶほうが無難です。銀行系は審査が厳しい分、それだけ時間がかかる可能性が高いからです。

まとめ

チェックポイント

金利、審査基準、利用開始までの期間の3つの観点から見てきましたが、まとめますと銀行系か消費者金融かで悩んだ際には次のような点に注意すれば良いと言えます。

銀行系 ⇒ 十分な返済能力があり、急いでお金を必要としない場合に適している

消費者金融 ⇒ 返済能力に自信がなく、急いでお金が必要な場合に適している

上記を踏まえて、適切なカードローンの利用ができるようにしておきましょう。