各銀行カードローンの詳細

関東限定?千葉銀行カードローンのメリット・デメリットを教えます。

85d32e2e88e87dfe07305f32affdb08b_s

千葉銀行は関東地域で営業をしている地方銀行となります。

今回は千葉銀行が取り扱うカードローンについて検証していきますが、地方銀行ということで利用できる地域の制限などはあったりするのでしょうか。

そのような点も含めて、千葉銀行カードローンの特徴を確認していきましょう。

千葉銀行カードローンの特徴

まず、千葉銀行カードローンのメリットは申込みにかかる手間が少ないことと言えるでしょう。それに加えて様々な方法で申込みを受け付けているため、申込者に合った方法を選ぶことができることもメリットと言えます。

また千葉銀行は年収500万円以上の人専用のカードローン<プレミアムクラス>を用意していますが、今回は通常のカードローンについて触れたいと思います。

ただしプレミアムクラスは金利がかなり安く設定されていますので、該当する方は利用を検討するのも良いでしょう。

それでは千葉銀行カードローンについて詳しく見ていきましょう。

申込みから利用開始までの期間について

千葉銀行カードローンは、申込者の指定した口座へ直接入金する方法を選択すれば即日で融資を受けられます。

さらに収入を証明する書類が一切不要と打ち出しており、これによって手続きにかかる手間がかなり削減されると言って良いでしょう。

それでは具体的にどのような手続きで進んでいくかを見てみましょう。

<インターネット、電話による申し込みの流れ>

  1. 申込み
  2. 審査(最短即日で電話または郵送にて結果を受ける)
  3. FAXまたは郵送にて必要書類を送付(利用申込書および運転免許証などの本人確認書類)
  4. 申込者が指定した口座への入金(融資の完了)

<FAX、郵送による申込みの流れ>

  1. 申込み(利用申込書および運転免許証などの本人確認書類を送付)
  2. 審査
  3. 申込者が指定した口座への入金(融資の完了)

インターネットによる申込みに限り、すでに千葉銀行の普通口座を持っていれば審査結果で融資可能と判断された後に必要書類の送付を省いて指定した口座へお金を入金してもらうことができます。

またインターネットや電話での申込みの場合、必要書類の送付についてはFAXで行う方がすぐに送ることができますので、FAXを使える環境にいることがすぐに融資を受ける際のポイントとなるでしょう。

金利について

千葉銀行は他の銀行系と同程度の金利設定と言えますが、他の銀行系ではあまり見られない特徴があります。まずは利用限度額300万円までの金利について以下にまとめますのでご確認ください。

90万円以下・・・14.8%

90万円超300万円未満・・・12%

ご覧になって分かる通り、300万円までで見れば2つの金利設定しかありません。

他の多くの業者はさらに100万円から200万円の間で金利を設定していることが多いですが、千葉銀行は90万円から300万円という広い金額幅でも同じ金利を設定しているのです。

一般的に、利用限度額が低ければ低いほど高い金利が適用されます。そして限度額が高ければ高いほど金利は低くなります。

他のカードローン業者は、限度額100万円以下であれば14%程度の金利を設定していることが多いですので、その限度額で考えれば千葉銀行の金利は安いでしょう。

しかし限度額200万円を超えた場合、多くの業者では10%を切る金利を設定していることが多いのです。

これらを考慮すると、千葉銀行の金利は利用限度額に応じて高いとも低いとも言えることになります。

申込方法について

前述の通り、千葉銀行は非常に多様な申込み方法を用意しています。

<申込方法>

  • インターネット(パソコン、スマートフォン)
  • 電話
  • FAX
  • 郵送

そのため、インターネットの操作に慣れていない人でも電話やFAXを使って申し込みができる点は申込者にとって大きなメリットと言えるでしょう。

貸付条件について

女性4

千葉銀行カードローンを利用するには次の条件を満たしていなければいけません。

  1. 契約時の年齢が満20歳以上で満65歳以下であること
  2. 安定した収入が見込めること(ただし年金収入は不可)
  3. 申込者の居住地または勤務先が千葉銀行の営業エリアにあること

千葉銀行は地方銀行であることから、貸付条件の一つに地域的な条件があるのです。

地域の条件となっている千葉銀行の営業エリアは次の通りですので、利用を検討する際にはしっかりと確認をしておいてください。

<千葉銀行の営業エリア>

  • 千葉県全域
  • 東京都全域
  • 茨城県全域
  • 埼玉県全域
  • 神奈川県(横浜市、川崎市)

ただし上記の営業エリアは、千葉銀行のインターネット支店宛てに申し込む際のエリアとなっています。

各支店で申し込む際にはさらに細かなエリア分けがありますので、詳しくは千葉銀行カードローンのホームページからご確認ください。

また審査の難易度についてですが、審査千葉銀行カードローンの商品説明webページには「10秒クイック診断」という、借入可能かどうかの目安を4つの項目(年齢、年収、希望する利用限度額、他社からの借入額)から診断できる仕組みがあります。

これによりますと、たとえ年収が低くとも(100万円ほどであったとしても)他の業者からの借入がなければ30万円ほどの融資は受けられる見込みが出ています。

しかし他の業者からの借入には住宅ローンも含まれることが書かれています。

住宅ローンは数千万円の借入になることも多く、これを加味して診断を受けるとかなりの年収を得ていたとしても融資を受けることは難しいという診断が出ているのです。

このことから千葉銀行で融資を受けられるかどうかについては、他の業者からの借入の有無が大きなポイントになると言えるでしょう。

まとめ

これまで確認してきましたように、千葉銀行カードローンのメリットは申込手続きの簡便さや方法の多様さであることがわかりました。

そして金利については100万円以下の借入であれば他の銀行系と比べても低い金利となっていることもメリットとなるでしょう。

しかしその反面、千葉銀行の営業エリアでなければ申し込みができないというデメリットがありました。

利用を検討する際にはこれらのメリットとデメリットを理解するようにしておきましょう。

コメントを残す