各銀行カードローンの詳細

自宅で申込可能!ソニー銀行カードローンのメリット・デメリットまとめ

プリント

ソニー銀行は家電で有名なSONYの傘下にある、インターネットでの取引のみを扱っている銀行となります。

ネット専業の銀行系カードローンは金利の安さや借入・返済の際の手数料を安くしているところが多いですが、ソニー銀行のカードローンはどうなのでしょうか。

その特徴とメリット・デメリットを確認していきましょう。

ソニー銀行カードローンの特徴

ソニー銀行は他の銀行系カードローンと比べても優れている点が多くあるのが特徴です。

ソニー銀行カードローンがどのようなものなのか、早速見ていきましょう。

申込みから利用開始までの期間について

ソニー銀行カードローンを利用するには、ソニー銀行の口座が必要となります。

しかし初回に限り、指定口座に振り込んでもらうことができる(初回振込サービス)ので口座を開設していなくても比較的すぐに融資を受けることができます。

口座の有無で流れが異なるため、それぞれについて見ていきましょう。

<ソニー銀行の口座を開設している場合> ※最短で当日の融資が受けられる

  1. 専用の会員ページから申し込み
  2. 仮審査(最短60分後にメールにて結果を受ける)
  3. 勤務先への在籍確認
  4. FAXまたは郵送にて必要書類を送付(利用限度額が300万円を超える場合のみ)
  5. 本審査(最短当日にメールにて結果を受ける)
  6. 契約手続きの完了

<ソニー銀行の口座を開設していない場合> ※最短で申込み翌日に融資が受けられる

  1. カードローン申込みページから申し込み
  2. 仮審査(最短60分後にメールにて結果を受ける)
  3. 勤務先への在籍確認
  4. FAXまたは郵送にて必要書類を送付
  5. 利用限度額が300万円を超える または 契約後指定口座に振り込んでもらう場合のみ)
  6. 本審査(最短で申込日の翌日にメールにて結果を受ける)
  7. 契約手続きの完了

すでに口座を開設している場合は、契約完了後に手持ちのソニー銀行キャッシュカードで、または専用の会員ページから振込依頼をすることで融資を受けることができます。

口座を開設していない場合は、仮審査の結果を受けた後に希望する振込先口座を伝えておくことで、契約完了後に指定の口座へ振り込んでくれるのです。

しかし初回振込サービスを希望する場合は、指定口座の通帳またはキャッシュカードのコピーと本人確認書類のコピーを送付しなければ本審査の結果が届きません。

そのため、早く融資を受けたいのならこの手続きをできるだけ早く済ませる必要があるでしょう。なお、カードローン専用カードは本審査後に本人の元へ届けられます。

金利について

ソニー銀行は利用限度額に応じて、かなり細かく金利を設定しているのが特徴です。そのため、借りたい金額がはっきりしていれば、どれだけの金利が適用されるのかをイメージしやすい点がメリットと言えるでしょう。

  • 10万円~60万円未満 ・・・13.8%
  • 60万円~100万円未満・・・12.8%
  • 100万円~150万円未満・・・ 9.8%
  • 150万円~200万円未満・・・   9%
  • 200万円~300万円未満・・・   6%

どこのカードローンでも同じですが、利用限度額が低ければ低いほど金利は高くなります。ソニー銀行もそうですが、100万円までの金利が12.8%~13.8%というのは比較的安い方に入るでしょう。

申込方法について

ソニー銀行はネット専業の銀行となるため、申し込み方法もインターネットのみとなります。

しかしインターネットで行うのは借入に必要な情報を入力する程度となるので、インターネットの扱いに慣れていない人でも比較的悩まずに申し込みができるでしょう。

そのため、パソコンやスマートフォンを使って家にいながら申し込みができるというメリットがあります。

貸付条件について

ソニー銀行カードローンは、以下の全てを満たしている場合に利用することができます。

  1. ソニー銀行に普通預金口座を開設する(している)こと
  2. 申込み時の年齢が満20歳以上で満65歳未満であること
  3. 原則、安定した収入がある人(学生も利用可能)
  4. 保証会社アコムの保証を受けられる人

多くの場合、金利の程度は審査の厳しさと連動しています。金利が低ければ審査は厳しく、金利が高ければ審査は緩くなるという傾向です。

アコムが保証会社となっているためアコムの審査に通るようであればソニー銀行の審査も通ると考えがちですが、ソニー銀行カードローンは金利が低めであるため他と比べて審査も厳しくならざるを得ません。

またネット上ではソニー銀行の審査は落ちたけれども他の銀行系カードローンの審査は通った、という話もあります。しかしその一方で学生でも利用可能とも書かれているのがわかります。

そのため比較的年収が低くても融資は受けられると思われますが、収入に対して借入希望額が多ければ審査を通過するのは難しいと言えるでしょう。

まとめ

322630

ソニー銀行は金利、融資までのスピード、自宅でも申し込みができる手軽さなど多くの面でメリットのあることが理解できたかと思います。

しかし利用者にとってメリットの多いカードローンは、やはり審査が厳しくなるのが現状でしょう。

収入に対して借入額が抑えられているなら、ぜひとも利用を検討したいカードローンであると言えます。

コメントを残す