各銀行カードローンの詳細

限度額1000万円!みずほ銀行カードローンのメリット・デメリット

YUKA863_korekore15202501_TP_V

みずほ銀行は言わずと知れたメガバンクの1つですよね。

地元の銀行やネット銀行などと比べて、メガバンクのカードローンはどのようなものなのでしょうか。

そのメリットとデメリットを確認していきましょう。

みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローンには2つのプランがあります

プランが違ったとしても申込み方法や貸付条件など、共通の部分もありますが、適用される金利に大きな違いが生じるのです。

それでは、具体的にどのような特徴があるのかをみていきましょう。

|申込みから利用開始までの期間について

みずほ銀行カードローンは、すでにみずほ銀行の口座を持っているか持っていないかで利用できるようになるまでの期間にかなり差が生じます。

まずはみずほ銀行の口座を持っている場合から見てみましょう。

すでに口座を持っている場合は、審査が通れば短期間の内にカードローン口座を開設できて利用を開始することができます。

<普通口座を持っている場合の流れ>

  1. 申込み
  2. 審査
  3. 必要書類の送付
  4. カードローン口座の開設(利用可能な状態となる)

最短で、これらが申し込んだその日の内に完了します。申込みの時間帯によっては利用開始が翌日以降となる場合もありますが、即日利用ができるのは大きなメリットでしょう。

次に口座を持っていない場合を見てみましょう。

<普通口座を持っていない場合の流れ>

  1. 申込み
  2. 審査
  3. 必要書類の送付
  4. 普通口座の申し込み ⇒ 約1週間
  5. カードローン口座の開設 ⇒ 約1週間~2週間

カードローンの利用にあたっては普通口座を開設する必要があることから、口座開設の手続きに別途時間が取られてしまうのです。

審査で最短即日、普通口座の開設で1週間程度、さらにカードローン口座の開設で1週間~2週間が必要となるので、口座が無い場合は最低でも利用開始までに2週間程度は覚悟しておいた方が良いでしょう。

|金利について

前述の通り、みずほ銀行には2つのプランがあります。それぞれ「エグゼクティブプラン」「コンフォートプラン」と分けられており、適用される金利が違ってくるのです。

<エグゼクティブプラン>

  • 200万円未満・・・設定なし ※最低でも200万円からの利用※
  • 200万円以上300万円未満・・・7%

<コンフォートプラン>

  • 100万円以下・・・14%
  • 100万円以上200万円未満・・・12%
  • 200万円以上300万円未満・・・9%

どちらのプランが適用されるかは審査結果によって決まるため、申込者が選ぶことはできません。

しかしどちらのプランになったとしても、他のカードローンに比べても低い金利であることに変わりはないと言えます。

さらにみずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の住宅ローンを利用している人を対象に金利を0.5%引き下げるというキャンペーンも行っているので、該当する場合は併せて検討するのも良いでしょう。

|申込方法について

みずほ銀行はメガバンクなだけあり、支店も多くあります。

そのため申込方法についても、場所と時間を選ばないインターネットでの申込みから、話を聞きながら対面で契約を進めることができる窓口での申込みなど複数の方法を備えています。

<申込方法>

  • インターネット
  • 郵送
  • 電話
  • 窓口

|貸付条件について

みずほ銀行カードローンを利用するには次の条件を満たしていなければいけません。

  • 契約時の年齢が満20歳以上で満66歳以下であること
  • 安定かつ継続した収入が見込めること

審査については厳しいと言う意見から、甘くはないけれどもそれほど厳しくはないという意見まで幅広くあります。

審査基準が公開されていない以上は、審査の厳しさと言うのは主観的なものになるので、これらの意見は参考程度にしておくのが良いでしょう。

|その他の特徴

みずほ銀行カードローンのその他の特徴として、借入限度額の大きさがあります。

大抵のカードローンでは数百万円を借入限度額としていますが、規約上みずほ銀行は何と1,000万円まで借りることができるのです。これだけ多くのお金を借り入れられるカードローンはごくわずかと言えるでしょう。

まとめ

TC160130040I9A6542_TP_V

みずほ銀行カードローンの一番のメリットは金利の安さと言えます。しかもエグエクティブプランにおける金利の安さは他のカードローンを圧倒していることがわかりますね。

この圧倒的な金利の安さを享受できるのは審査結果が良好であった人のみになりますが、コンフォートプランでも十分金利は低く設定されています。

金利を抑えて借入をしたいのなら、みずほ銀行カードローンはまず検討しておきたいところでしょう。

しかしその反面デメリットもあることがわかりました。

みずほ銀行の口座を持っていないと、利用開始までにかなりの時間を要します。

さらに審査基準も決して甘くはないため、返済能力に不安のある方にとっては利用しづらいカードローンであるとも言えるでしょう。

コメントを残す