現金が無くなった時の強い味方。返済が確実なら使うのも怖くない。

PAK863_umidash14103316_TP_V

太陽もサンサンと、何かと出費の多い季節。気が付いたら遊び過ぎ。手元にも口座にもお金が無くなっちゃった!

そんな経験はありませんか?

そういう時に限って、急な出費があったりするものですよね。そんな時はカードローンを利用するというのも選択の一つです。

※当サイトは『カードローンの学び舎 | あなたにおすすめのカードローン選び』が監修しています。

一時的な出費にはカードローンが便利。賢い人は使い分けてる。

PAK77_telsuruoff20140823093027_TP_V

カードローンは無担保でできる個人向け融資です。銀行によってメリット・デメリットはそれぞれ。

どの銀行でもサービスに特色を出して、融資が必要な人に救いの手を差し伸べています。銀行系カードローンサービスの特徴を大きく分けると、次の通り。

  • 低金利設定で勝負
  • 融資までの時間でスピード勝負
  • 手数料やキャッシュバックその他の得点で勝負

それぞれに、利用者の痒いところをついたサービスを展開し、銀行同士互いに利用者を獲得しようとしのぎを削っています。

ローンは金利が命。低金利で返済も楽チン

金利を気にすると、なかなか手が出しづらくなるカードローンですが、銀行によっては金利を親切設定にしているところもあります。

例えば、楽天銀行。店舗はもちろん、手続きをネットで済ませてしまう楽天銀行は、低金利の代表格とも呼べる存在です。

楽天銀行の金利は、100万未満で14.5%、100万円以上200万円未満で9.6%~14.5%、200万円以上300万未満は6.9%~12.5%と他社と比較しても低めの設定になっています。

また、楽天銀行に口座を持っていれば、24時間いつでもどこでも手数料なしに融資を受けることが可能です。

楽天銀行のカードローンについて詳しく知りたいかたはこちら ⇒ 楽天銀行カードローンを徹底解剖!メリット・デメリットは?

住信SBIネット銀行なら更に低金利!

どの銀行にも共通して言えることは、限度額が低ければ金利が高く、限度額が高ければ金利が安くなることです。

住信SBIネット銀行のプレミアムコースは、100万円以下で7.9%、100万円超200万円以下で6.39~6.99%、200万円超300万円以下で5.29~5.99%と、割と低金利設定の楽天銀行と比較しても低金利であることがわかります。

ただし、住信SBIネット銀行の審査は厳しめであると有名。それだけ低金利で貸し出すのですから、よほど信用が無ければ、銀行側としても貸せないということですね。

住信SBI銀行カードローンについて詳しく知りたい方はこちら ⇒ 超低金利がメリットの住信SBIネット銀行MR.カードローン。デメリットは?

今すぐ必要!カードローンを作成するにもスピードが肝心。

bsPAK75_dashtokyo20140823105505

ネットバンキングは金利が低く、利用者にも親切設計ですが、実店舗を持たない分、利用開始までに日数を要することが最大のデメリットでした。ではスピード融資という点で、実店舗を構える銀行ではどうなのでしょうか?

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は名前の通り、融資までに要する時間が非常に短く、最短40分で融資を受けることができます。また審査に関しても、決して厳しい内容ではなく、20歳以上65歳未満で、安定した収入がある人なら誰でも申し込みが可能です。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」について詳しく知りたいかたはこちら ⇒ 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックのメリットは即日融資!デメリットも教えます

即日融資なら三井住友でも。ローン契約機で申し込めば即融資!

三菱東京UFJと並ぶ大手と言えば三井住友銀行。こちらも即日融資可能な銀行です。

三井住友は、銀行カードローン申し込み後最短30分で審査結果の連絡が来ます。その後、ローン契約機でカードを受け取ればその場で融資を受けることが可能です。

三井住友銀行カードローンの特徴は、その申し込み方法の多さにあります。インターネット、ローン契約機、電話、郵送、窓口、これだけ多くの申し込み窓口を構えているのは、三井住友くらいです。

ローン契約機で申し込んで、カードをローン契約機から受け取りにするのもよし、電話で申し込んでローン契約機でカードを受け取るもよし、自分の状況に合わせて申し込み方法が選べるのも嬉しいですね。

三井住友銀行カードローンに興味を持った方はこちら ⇒ 三井住友銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説

金利でもない!スピードでもない!その他のサービスで勝負!

OMG151007478879_TP_V

低金利で勝負する銀行。スピード融資で勝負をかける銀行。それぞれに特徴があることはわかりました。

しかし、それ以外にも着目すべき点があるのはご存知でしょうか?それは「ATM手数料」。利用をするにも返済をするにも、ATMを利用するとなると、手数料は馬鹿になりませんね。

オリックス銀行カードローンなら、提携ATMから24時間365日借入・返済が可能ですが、その手数料はいつでも無料。また金利に関しても、最低が3%の超低金利設定となっています。上手に使うことができれば、急な出費の強い味方になることは間違いなしですね。

オリックス銀行カードローンについて詳しく知りたい方はこちら ⇒ ATM手数料が0円!メリットだらけのオリックス銀行カードローンにはデメリットはあるのか?

金利をキャッシュバック!地方銀行も独自のサービスを展開

カードローンというと、大手やネットバンクを連想しますが、地方銀行でももちろんカードローンのサービスを展開しています。

地方銀行の最大のデメリットは、利用条件にその地域に住まう人限定という設定をしているところもあることです。

しかし、静岡銀行のカードローン「セレカ」は、全国どこからでも申し込み・利用が可能。更に、このセレカの最大の特徴は「キャッシュバック」のサービスです。

静岡銀行のキャッシュバックサービスは、初めてセレカを利用した人限定で、利息を最大で45日分キャッシュバックしてくれるというもの。また金利に関しても、9%~14.5%と平均的な金利設定を行い、カードローン初心者には優しいサービスとなっています。

静岡銀行のキャッシュバックについて詳しく知りたい人はこちら ⇒ 静岡銀行カードローン「セレカ」はキャッシュバックあり!メリット・デメリットから考える

その他にも、地域の規制はかかってしまうものの、金利の低さから地方銀行を利用するのもお勧めです。

神奈川・東京にお住まいなら ⇒ 横浜銀行カードローン

  • 年1.9%~14.6%の金利
  • 年収には年金も含む
  • 神奈川全域・東京全域・群馬(一部)にお住いの方が利用可能

北海道にお住いなら ⇒ 北洋銀行カードローン SUPER arca

  • 年1.95%~14.7%の金利
  • 最短15分で即日融資
  • 借入可能か3秒で診断

銀行系カードローンを攻略コンプ!賢く使って目指せリア充!

以上、銀行系カードローンの攻略本でした。

銀行系カードローンはなんといっても総量規制対象外なので、年収の1/3以上借りれるのが嬉しいですよね。

ネットバンクにはネットバンクの特徴が、店舗を構えた銀行でも大手と地方で、それぞれの銀行によって特徴が異なります。

自分にあったサービスを展開している銀行や、緊急性・利便性などをよく検討をし、上手に使いこなしてみましょう。返済さえきちんとしていれば、カードローンの利用も怖くはありません。